2009年03月20日

日本6−2韓国ですがそんなことはどうでもよろしい。

どうせ消化試合。投手を温存した。
と相手は負け惜しみを言っているようですが。

・・・勝ったらおおはしゃぎするくせに・・・

精神年齢の低い子供を相手にしているようでなんかアレだな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近生活がパターン化されてきました。

朝起きる→ピアノ弾く
      →WBC見ながら天外魔境
       →塾
        →帰宅
          →ピアノ弾く


ピアノ弾きすぎですかねー。
やりすぎて飽きちゃうといけないんでセーブしようと思いつつ。

2日目にしてセプテット発狂パートが割りと上達してきました。
最近譜を読むのが速くなってきた気がします。


思い起こせば昔は最初に片手づつの練習とかしてたよなぁとか。

もっと昔は自分が片手やってもう片方を母親にやってもらったりしてたよなぁとかw

・・・子供にとってはあまり思い出したくない思い出ですが。      
今では片手づつの練習をするのは逆にある程度弾けてきて、より精密な弾き方を求めるときなんかにやってますが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、講習。の講師。

今日は彼が昔会社にいたころ、上司ぶん殴って左遷くらった武勇伝を得意げに語るのを聞きました。

そのときの彼の口調はやはり、「男子生徒に棒で殴られ・・・」のくだりを語る某歴史教師のそれと非常に酷似していたように感じられました。


ここらで一旦まとめましょう。

武勇伝「上司ぶん殴った」→「男子生徒返り討ち」
     ※共に自慢げな口調が目に付く。

新聞に投書したのを「大反響を呼びましたよ」と自慢する
        →新聞に掲載された自分の文章を配る
     ※共に自慢げな口調が目に余る。

一人称「ぼく」→やっぱり「ぼく」

「料理うまいんだぜ」
   →「ボウリングうまいんだぜ」とか「腕相撲強いんだぜ」等。
     ※共に自慢げ(ry


結論:イラクで戦死した奴の生霊?


ここまで似た人間がいるものなのか・・・

ていうかこのままだと私本科のほうでも彼と一緒になってしまうので。

さっさと曜日変えますね。
posted by じゃっく at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ね」は多いの?
Posted by K茶 at 2009年03月21日 21:04
それはそんなでもないw
Posted by じゃっく at 2009年03月21日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。